CATEGORY専門カテゴリー

薬剤師としての知識を実践し可能性を広げていきたい。

薬剤師
馬場 哲哉
2013年入職

Q.1

出雲市民病院に入職を希望した理由を教えてください。

以前は調剤薬局に勤務しており、病院勤務の経験はありませんでした。当院に入職したいと思ったのは、在宅医療などを通して地域の方々と深く関わっていく中で、それまでの知識や経験では対応が難しいことがあったため、臨床の経験を得たいと考えるようになったことがきっかけです。
培ってきた経験を生かしつつ、更に総合的にレベルアップするためには、医師を含めたコメディカルの方々と協働し、連携していきたいと考えていました。また、医療に携わる者として、薬剤師としての幅広い知識を医療現場で実践し、薬剤師の可能性を広げていきたいという思いもありました。こちらに入職したことで、私自身が「こうありたい」と思い描いている理想の薬剤師像に、まだまだではありますが、少しは近づけているのではないかと感じています。

Q.2

当院に入職し、成長できたと感じるのは、どのようなことですか。

こちらで病棟薬剤業務を行うようになり、調剤するだけでなく、処方の前段階に関われるようになったことは、自分自身の成長につながっているように思います。医師や看護師から問い合わせを受けたり、場合によってはこちらから処方や検査オーダーなどの提案を行ったりすることもあるので、より臨床に生きる薬剤の知識や経験を積み重ねることができます。NST(栄養サポートチーム)や入院時回診に参加する時は、薬剤師の視点で評価を行います。薬剤師としての専門性から発言ができ、耳を傾けてもらえるのは、とても大きなやりがいになっています。

Q.3

これからの目標を教えてください。

個人としては、ゼネラリストとして認められるように、いろんな分野をまんべんなくブラッシュアップしていくことでしょうか。できればプライマリ・ケア認定薬剤師を目指したいと思っています。このように薬剤師として明確な目標を持つことができるようになったのも、やはり当院に入ったからですね。チーム医療に携わる中で、さまざまな職種の仕事を目の当たりにし、総合診療や家庭医療の素晴らしさを実感させられたことが大きく影響していると思います。
とはいえ、プライマリ・ケア認定薬剤師になるのはすごくハードルが高いので、相当厳しいだろうと覚悟しています。でも目標は高いほうがいいですし、だからこそチャレンジする価値がありますよね。仮に私の薬剤師人生の中で、プライマリ・ケア認定薬剤師になれなかったとしても、目指し続け学び続けることで、患者さんにより良い医療をご提供することにつながると信じています。

入職希望者へメッセージ

当院では職種ごとの垣根が低いので、ドクターやセラピストさんなどとも話しやすい雰囲気があります。定期的なカンファレンスはもちろん、何かあればみんなで集まって問題点について話し合える関係ができているので、幅広い知識を吸収できると思います。さまざまな職種がそれぞれの専門性を生かして患者さんに向き合っている姿を間近で見られることは、とても良い刺激になるのではないでしょうか。